FC2ブログ

タイで身の危険を感じた話

こんにちは、とむけんです。


今回はタイの治安についてお伝えいたします。


とむけんはバンコクとパタヤにしか行ったことがないので、その2地域に限った話になりますが、基本的に治安はいいと思います。


余程、人気のないところに1人で歩かない限りは、危険は少ないかと。


ただし、スリとか詐欺、ぼったくりバーなどには注意してください。長財布をお尻のポケットにしまわないとかは、基本ですね。


なお、タイの南端に位置するマレーシア国境付近の地域は、イスラム武装勢力による襲撃・爆弾などのテロ事件が頻発しているガチでヤバいところなので、間違っても観光目的で行かないようにしてくださいね。


さて、10回以上訪タイしているとむけんですが、実は1度だけ身の危険を感じたことがあります。


たしか訪タイ2回目か3回目のときで、取引先企業にお勤めで仲の良いA氏(当時20代、今30代)と、とむけんの同僚B氏(30代)とバンコクのナナプラザへ行ったときのことです。


ナナプラザは、ゴーゴーバーが20店舗近くある複合施設みたいなところなんですが、そこで事件が発生いたしました。


図で説明するとこんな感じ。


ナナプラザは通路が狭く、行き交う人も多いので、必然的に縦1列になり、自分は最後尾から2人についていく感じ。
03-01


あるお店の前を通り過ぎようとしたときに店の前に立っていた女性と目が合い、その女性が自分に近づき甘ったるい声で「ハーイ」と言いながら手を握って来る。
03-02
女性というかもう完全にレディーボーイ(LB)ですよ。そのときはまだ自分も余裕があり、笑いながら「ノー」と言ってその場を立ち去ろうとするも、そのLB1号は手を離してくれず。



LB1号は手を離すどころか、そのまま店の中に引きずりこもうと思いっきり引っ張り出し、自分は駄々をこねる子供のようにその場にとどまろうと踏ん張る。
03-03


相手は見た目は女性でも中身は若い男性。所詮、自分は40代のおっさん。LB1号にはとうてい太刀打ちできるわけもなく、そのまま店に引きずられて行く。
03-04
その間、時間にして5秒ほどですよ。あまりの一瞬の出来事で、A氏やB氏に助けを求めることもできず。


店に入るとLB2号と3号が出現。僕の右腕と左腕をその2人がそれぞれがっしりと掴み、そのままソファに座らされる。
そして、LB1号が自分のベルトを外して、ズボンを脱がしにかかる。
03-05
店内には客は1人もおらず、もはや複数の男性にレ〇プされる女性の気分。もう必死にもがいて、振りほどいて、なんとか脱出。


いやー、ほんと怖かったです。


若い男性3人が本気だったら振りほどくことなんてできなかったと思うので、きっと彼らは軽い冗談のつもりだったのでしょう。


店を出るとA氏とB氏が数メートル先に立っており「どこ行ってたんすか?」と。


今の出来事を話すも2人の目はこう語ってました。


━━━ やれやれ、団体行動乱さないでくださいよ。


ノォ━━━━(゚д゚;)━━━━!!


今回に限らず、レディーボーイ(LB)が強引に手を掴んで客引きすることもあったりします。


ただ、その場合、力任せに手を振りほどいたりする行為は、やめたほうがいいです。


相手は男性ですので、その行為にキレたりして、思わぬ事態に発展することもあります。


さて、今回はここまでにして、次回は2019年7月訪タイ時のレポート(おもにゴーゴーバー)を書きたいと思います。


以上、とむけんでした。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

tomken1111

年に数回訪タイしているアラフィフのさえないサラリーマンです。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR