FC2ブログ

2019年10月訪タイのパタヤ日記その2(空港からパタヤへ タクシー or バス)

こんにちは、とむけんです。


前回に引き続き、2019年10月訪タイ時のパタヤ日記その2です。


いつもならタクシー一択なのですが、今回はバスも検討してみようと思いまして、空港2階の到着ロビーから1階のカウンターへ向かいました。


早い時間帯でしたが、カウンターはオープンしてました。
29-01


お値段は120バーツ。
29-02


やはりタクシーよりもはるかにお安いですね。


ただ、次の出発が7時。


現在、6時ですので、1時間待つことになりそうです。


パタヤに早く着いたところで、お昼過ぎまでホテルで寝るだけです。


別に急いでいなかったのですが、1時間待ちはしんどいので、結局今回もタクシーを選択することにしました。


バスは安いのですが、パタヤのバスロータリーまでしか行かず、そこから再びタクシーやソンテウ、バイタクに乗り継いでホテルへ向かう必要があり、ちょっと面倒です。


一方でタクシーはホテルの近くまで行ってくれるので、その点は楽ですよね。


タクシー乗り場も本来は空港の1階にありますが、とむけんはいつも4階を利用します。


空港の4階は出発ロビーとなっており、これから海外へ出発する人たちが車で乗り付けられるようになってます。
29-03


そこにお客さんを下したタクシーがいつも10台くらいそのまま待機しており、とむけんはそれをいつも利用します。


とくに難しいことはありません。


7番と書かれたゲートから外に出ると遠くに止まっているタクシーが見えますので、そちらに向かって歩いてください。
29-04


大きな荷物を持っていれば、たいていタクシードライバーの方から手を振って、こっちに来いアピールをしてくれます。
29-05


ドライバーがどこまで行くのか聞いてくるので、ここから値段交渉です。
29-06


とむけん「パタヤまでいくらですか?」


ドライバー「1500バーツ」


ここ1、2年は1500バーツを最初に提示されるケースが多いです。


とむけん(しかめっ面で)「うーん、ちょっと高いです」


ドライバー「じゃあいくら?」


ここでとむけんは高速代込みで1200バーツを提示します。


これで交渉が成立する割合は6~7割ぐらいです。


高速代を別途100バーツ要求されることもありますが、総額1300バーツまでは許容範囲としております。


それを超える額を要求されたことは1~2回くらいあった気がしますが、とむけんが交渉をあきらめて、他のドライバーのところに行こうとするとドライバーがあわてて「OK、OK」と言って、とむけんが希望する額で交渉成立してました。


ちなみに、以前は高速道路に入る手前で、別のドライバーが待つタクシーに乗り換えさせられたり、いったんタクシー会社まで行き、そこからタクシーではない自家用車に乗り換えさせられたり、何かと怪しい体験をしたこともありましたが、ここ1~2年くらいはそのようなことはないですね。


さて、今回も無事1200バーツで交渉成立し、パタヤへ向けて出発です。


途中で虹が出ていたのでパシャリ。
29-08


今回はここまでにして、続きは次回にしたいと思います。


以上、とむけんでした。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

tomken1111

年に数回訪タイしているアラフィフのさえないサラリーマンです。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR