FC2ブログ

2019年7月訪タイのバンコク日記その1

こんにちは、とむけんです。


今回は7月訪タイ時のバンコクでの出来事についてです。


パタヤに4泊したあとはバンコクで1泊しますので、タクシーで移動します。


お昼の12時ごろに出発して、バンコクには14時ごろに到着しました。
12-01


だいたい2時間ぐらいですが、道が混雑していると3時間近くかかることもあったと思います。


無事ホテルのチェックインを済まして部屋で小休止したあとは、エロマッサージ店へ向かうべく、BTSでアソック駅から隣のプロンポン駅へ。


プロンポン駅周辺にはエロマッサージ店がたくさんあるのですが、だいたい4エリアくらいにかたまって営業しております。
12-02


女の子がお店の前のいすに座ってお客さんを積極的に呼び込むお店もあれば、店前にまったく女の子がいないお店もあります。


一部のお店は除きますが、たいていは店内で女の子を選ぶときにぞろぞろお店の奥から女の子が出てきます。


今回もてきとーにお店を選んで、店内に入ります。


16時前くらいでしたが、出てきた女の子は10人くらいでした。


女の子全員が横一列に並んで、とむけんをジッと見つめます。


女の子と目が合うとみんなにっこりと微笑んでくるので、ついついすぐに目を逸らしがちになります。


とむけんはtoo shy shy boyなので、ほんとに恥ずかしいです。


とくべつレベルの高い子はいなかったですが、ママさんのオススメの巨乳ちゃんにすることにしました。


1時間コースで2500バーツくらいだったと思います。


今回はジャグジーなしの部屋にしたので、しょぼい部屋でした。


20分くらいはマッサージで、そのあとから本格的なムフフタイムです。


テクニックは普通ですが、一通りいくつかの体位を楽しんだあと、騎上位でフィニッシュです。


巨乳ちゃんだと騎上位はパイオツ揉み放題なのでサイコーですね。


あまった時間は世間話をしてまったりしてました。学生さんらしくプログラムの勉強をしているとのこと。


すっきりした気分で店を出たとむけんはおなかがすいたので、大通りから一本小道に入ったローカルなタイ料理屋へ行くことにしました。


性欲が満たされたら、次は食欲ですね!堕落した生活バンザイです!


夜ご飯にはちょっと早い時間なのか、お客はとむけんだけでした。


何にしようかと迷った挙句、ガパオライスにしました。タイの代表的な料理ですね。


10分もかからずに出てきたガパオライスを見て、ちょっとびっくり。


これまで食べてきた豚肉のガパオライスはひき肉だったのですが、ここのはひき肉ではない普通の豚肉。


さっそく食べてみたところ、おいしい。


でも、少し辛い…。


注文するときに辛くしないでとお願いしたのですが。


まあ、食べられないわけではないのですが、なんとなくオーダーを取ってくれた女の子を手招きして呼んでみました。


とむけんの目の前にあるガパオを指差して、これ辛い…と言ってみる。


べつにクレームを言うつもりはなかったのです。


彼女が「アハハ、ごめん。マイペンライナ」ぐらいのリアクションをするかなと思っていたんです。


ところが予想に反して店の奥に消えると、店長(オーナー?)らしきおばちゃんが現れて、作り直すと言い出しまして…。


いやいや大丈夫だから問題ないよ


とあわてて伝えまして、おばちゃんも再び店の奥へ消えていきます。


想定外の状況にあせりながらもガパオライスを完食。


ペットボトルの水を飲んでいると、さきほどのおばちゃんが新たなガパオライスを持って再登場…。


いやいや、もうおなかいっぱいですよ。


そう伝えるとおばちゃんはテイクアウト用の箱に移し変え始めます。


もはやお断りすることもできず、いただいて帰ることに。


もちろん料金は1つ分です。


とむけん、ほんとに申し訳ないことをしてしまいました…。


しかも、もうおなかいっぱいだし、結局食べることなく廃棄するだろうな、とそのときは思っておりました。


ところが奇跡的に夜の0時過ぎにおなかがすきまして、部屋の電子レンジであたためて食べました。
12-03


なかなかの空腹でして、辛くないガパオライスはめっちゃおいしかったです。


たぶんお持ち帰りしたガパオライスがなかったら、マックにでも行ったんじゃないかっていうくらいの空腹だったので、結果オーライでした!


おばちゃん、ありがとうございました!また今度いきますね!


今回はここまでにして、続きは次回にしたいと思います。


以上、とむけんでした。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

tomken1111

年に数回訪タイしているアラフィフのさえないサラリーマンです。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR